FREE ~自由奔放~ 
Coffee, snowboard, photo, culture, and ROKUNORI. Lifestyle blog!!
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SBX考察 Part1




SBXで自分の弱点を見つけ克服し、勝率を上げていくためにちょっと考えてみました。


SBXは誰か早くゴールラインを越えるかを競う競技。

ルールはこれだけ。

とても単純です。


逆に言えば、、、

例えどれだけ滑りが上手くても、スノーボードが上手くても他の選手よりゴールに早く到着しなくては勝ちはありません。


スラローム系の競技であれば、一人で滑ってタイムを競うため滑走技術やWAXの技術が大事です。

しかしSBXで勝つためには、それらはあくまで早くゴールするための一つの手段であって全てではありません。


では他に何が必要か・・・
1.「スタートで先頭を取る!!」

去年はこのテーマに重点を置き鍛えました。

結果は良好。

スタートで一番を取ることによってレース展開は圧倒的有利に。

かつ自分のレース展開に持ち込めました。

2.「他選手を踏まえた滑走ライン」

SBXは一人で滑るものではありません。

相手を考え、よく見て滑らないと接触しクラッシュしてしまいます。

ただし!

これはスタートに遅れた場合。

スタート一番ならとにかく自分の思う最速ラインを攻めれます。

なおかつ、先を滑っているので追い上げてくる選手のラインをブロックすることが出来ます。

簡単に上げるとこんなあたりが重要になってくるのかと思います。

まわりの選手があきらかに自分より早い人達でも、先頭取ってブロックしてしまえば勝てますしね。


結局100%実力を出し切るには、とにかくスタートで先頭に出ることなんだと思います。


当然先にあげた滑走技術、WAX技術も大事です。

この二つに関しては常に向上を目指していかないと上を目指すことが出来ません。


これらを踏まえて自分に特に足りない部分から補強していけば、効率よく勝率のアップに繋がるかと考えています。



とりあえず現時点で出来ること・・・

1.昨年に引き続き身体能力アップのため体を鍛える!



くらいしか無いのでしょうか・・・


滑りの練習やWAXテストはオンシーズンしか出来ないし。

ということで今年は更に改良を加えたトレーニングを実施していきたいです。

また時間でもあればSBXに必要な筋肉を考えてみようかと思います。


ちなみにこれは自分が経験してきたうえで感じたことなので、人によっては意見の違いがあると思います。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nativ1980.blog41.fc2.com/tb.php/353-1eb5365e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Tetsuya Matsukawa(組長)

Author:Tetsuya Matsukawa(組長)
日々の記録。

2014.5.3
故郷六ノ里にkedi cafeオープン。
次の目標は情報を発信し共感者を集め、その皆で協力して地域の活性化をはじめること。
たくさんの子供の声が響く田舎にしたい。

freeman
no nuke/with nature


パートナー
・patagonia

CATEGORY

MOVIE

SHIRAO POWDERRIDE
Shirao Freeride
SHIRAO SNOWLAMP
Forest and coffee
with GO OUT HANDLE.

HP LINK

このブログをリンクに追加する

COMMENTS+TRACKBACK

Comments<>+-
Trackback <> + -

RSS