FREE ~自由奔放~ 
Coffee, snowboard, photo, culture, and ROKUNORI. Lifestyle blog!!
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフトレ
みなさんトレーニングはしていますか?

個人によって目的、理由は様々ですが自分はスノーボードのためにトレーニング(オフトレ)をしています。

スノーボードの中でも特にスノーボードクロス(SBX)で勝つためのトレーニングです。


以前は「若いからトレーニングなんてやらない」とか「トレーニングするくらいなら室内ゲレンデで滑っていたほうが良い」なんて思ってる時期もありました。

室内ゲレンデで滑る事は板に慣れることができるので悪いことじゃありません。

けど最近思います。

トレーニングはもっと大事です。


このスノーボードというスポーツはファッション的感覚ではじめる要素が強いスポーツだと思います。

そういう方にとってはスポーツというより遊びなんでしょう。

もちろん遊びでやることが悪いわけじゃありません。

なんでも楽しんでやらなきゃ意味がないし、楽しくないものを続ける必要もありません。

そしてその楽しみ方も人それぞれです。

仲間とワイワイする楽しみ。

上達する楽しみ。

これには当然人に注目される楽しみや褒められる楽しみ、歓声を受ける楽しみ・・・

とにかく色んな楽しみ方があります。

ただ自分はその中でもマニアックな部分に惹かれてしまったのです。

競技です。

スノーボードクロスという競技です。

競技はいたってシンプル。

ヨーイドンで数人が同時にコースを滑り降り、早くゴールしたものが勝ち!!

ただこれだけです。

シンプルなんですよー。

けどシンプルなのに勝とうと思うと奥が深い・・・

どうしたら勝てるんだろう・・・

悩みました。

今でも悩みます。そして考えます。

当然早く滑るの競技なんで滑りの練習は絶対です。

けどそれだけじゃ勝てない。

ライバル達を倒すにはどうすれば??


そこでオフトレなんですよ。

人がスノーボードをやらない時期。

人が見ていない時。

ここでの頑張りでライバルに差がつけれるのです。

なんだかんだ言ってこのスポーツもやる人によっては競技です。

それを頑張る人はアスリートです。

室内ゲレンデ毎日滑れば板にも慣れるし下半身も強化されるかもしれません。

けど下半身だけではダメです。

全身鍛えなきゃ効率のよい体力の向上には繋がらないでしょう。

まずは技術を受け入れる器の強化です。

そしてオフトレで大きくした器に技術という物を詰め込む。

こんな地味な動作を毎年延々と繰り返す。

気付くと以前よりも大きくなった自分がそこにいて、、、

それにともなった競技成績が出て、、、

そういった形で出るはっきりとした結果に楽しさを覚えてまた翌年も繰り返す。


自分はこんな理由でオフトレやっています。

楽しみ方はどうであれトレーニングは絶対したほうがいいですよー。

フリースタイルの人でも出来るトリックの幅が増えて絶対楽しくなります!!


目指せトッププロ!!




去年よりは背中が大きくなりました。

これからもっと頑張ります。

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nativ1980.blog41.fc2.com/tb.php/302-5bfc9009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Tetsuya Matsukawa(組長)

Author:Tetsuya Matsukawa(組長)
日々の記録。

2014.5.3
故郷六ノ里にkedi cafeオープン。
次の目標は情報を発信し共感者を集め、その皆で協力して地域の活性化をはじめること。
たくさんの子供の声が響く田舎にしたい。

freeman
no nuke/with nature


パートナー
・patagonia

CATEGORY

MOVIE

SHIRAO POWDERRIDE
Shirao Freeride
SHIRAO SNOWLAMP
Forest and coffee
with GO OUT HANDLE.

HP LINK

このブログをリンクに追加する

COMMENTS+TRACKBACK

Comments<>+-
Trackback <> + -

RSS