FREE ~自由奔放~ 
Coffee, snowboard, photo, culture, and ROKUNORI. Lifestyle blog!!
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救命士資格、希望者減少
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151201-OYT1T50036.html

読売オンラインより気になる記事。

一応有資格者としてずっと気になっていた事。

やっぱり世の中でもそうみたい。

横浜市消防局の救命士がこの業務を継続したい率は47.9%だそうな。

中身を見れば見合った手当が無い事と業務過多。

それでも継続したいという47.9%の方はきっと熱意と使命感のなせる回答であろう。

その熱意と使命感を維持出来るのは職場環境も良いのかもしれない。

実際問題負担が一方的に増える中で熱意を維持するのはスーパーハードだと思う。

ましてや腐った上層部がいればなおさら。

自分も人の役に立ちたくて、人の命救いたくて救命士を目指した過去がある。

救命士研修所では熱い仲間とも出会え、どうすればより人の役に立つのか毎日議論もした。

だが現場で待っていた現実は人命より保身の為に動く上層部。

ちなみに元職場では最高幹部とか自分で言ってたかな。

どれだけ情熱を持って職務に就いても、その最高幹部の命令で助かる可能性の高い命を放棄する状態。

いまだに後悔が残る。

そんな命令無視しても人命助けるために行動すれば良かったなと。

そして結局はここに居ても人の役には立たないと思い離れたわけです。

ここ最近で救命士業務は更なる処置拡大で人の役に立つ機会が増えてきています。

だけどその裏には更なる制約や業務の増加があるわけです。

「頑張る」救命士達の未来が明るい事を願っています。


もう1つ気になるやつ。


http://nikkan-spa.jp/985335

CIAの「組織をダメにするマニュアル」

郡上の公務員のまんまやね。

そりゃ駄目だ。


しかしまぁこれだけたくさんの反面教師に出会えた事は幸せな事でもあります。

おかげで更なる高みに進める事が出来ます。

人の事ダメダメ言ってても始まらないので頑張ります。

結果にコミットしましょ。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:ライフ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://nativ1980.blog41.fc2.com/tb.php/1553-39078fd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PROFILE

Tetsuya Matsukawa(組長)

Author:Tetsuya Matsukawa(組長)
日々の記録。

2014.5.3
故郷六ノ里にkedi cafeオープン。
次の目標は情報を発信し共感者を集め、その皆で協力して地域の活性化をはじめること。
たくさんの子供の声が響く田舎にしたい。

freeman
no nuke/with nature


パートナー
・patagonia

CATEGORY

MOVIE

SHIRAO POWDERRIDE
Shirao Freeride
SHIRAO SNOWLAMP
Forest and coffee
with GO OUT HANDLE.

HP LINK

このブログをリンクに追加する

COMMENTS+TRACKBACK

Comments<>+-
Trackback <> + -

RSS